短期雇用特集


先輩インタビュー

株式会社 ツクイ (苫小牧本幸・苫小牧柏木)医療・福祉

田中 隼之丞 さん

インタビュー

入社4年目 株式会社ツクイ ケアクルー(介護職員)・副主任(2016年入社)

笑顔」をモットーに、楽しみながら仕事がしたい

入社を決めた理由と今の仕事のやりがい

就職活動中、実は別の介護企業に内定をいただいていたのが、急転直下、ツクイへの入社を決めたという経緯がありました。内定後に自宅の近くにツクイのデイサービスがあることに気づき、興味本位で企業研究をしてみると、どんどん気になって(笑)。現在勤めている有料老人ホームを訪問したら、介護施設では見たこともないほど美しいエントランスに驚かされたことは今でも鮮明に覚えています。実際に施設の方とお話して、自分の活躍できるところはここだ!と直感しました。
お客様の介助がメインの業務でしたが、担当フロアの副主任になってからは施設全体の課題などに取り組む機会も増えてきました。今までとは違う立場から、施設の運営を考えることは、自身の成長にもプラスになると確信しています。
日々の業務のなかでは、お客様との会話が喜びになっています。仕事の相談をしたり、時には恋愛のアドバイスをいただいたり、お客様との会話はとても楽しいものです。私自身が会話を楽しんでいることがお客様にも伝わり、施設全体に笑顔が広がっていくことが実感できます。

モットー、目指す姿

入社後、ツクイではビジネスマナー研修をはじめとした新人研修が充実しています。各施設の取り組みを発表する研修もあります。配属先が違う同期の活躍ぶりを知ることは、良い意味での刺激にもなっていますし、他の施設の取り組みを知ることができるのもとても勉強になります。
その他にも、ツクイでは、海外の方々に現地で介護の研修をおこない、日本での実習をスタートする予定です。私は好奇心旺盛な性格から旅行が大好きで、さまざまな国を旅してきました。グローバルな方々と接することは、その経験を活かせると、ワクワクしています。世界から集まる同僚に、きっと新たな刺激を受けるだろうと楽しみです。
私のモットーは、笑顔。私たちには職場でも、お客様にとっては「我が家」です。常にお客様の立場になって考える。「我が家」でより快適に過ごしていただくためには、何ができるだろう。と常に考えています。笑顔は、そんな思いからたどり着いた結論なのです。同時に同僚からは「田中がいると戦力としても、ムードメーカーとしても、頼もしい」と思ってもらえるような存在でありたい。そのためにはこれからも笑顔を絶やさず、いろいろなことに貪欲にチャレンジしたいと思っています。

皆さんへ

介護業界で仕事を始めるまでは、認知症への誤解もありました。しかし、実際に笑顔で生活する認知症の方々と触れ合うことで、それまでの自分がいかに何も知らない人間だったかと気づかされます。質の高い日本の介護技術は世界の中でもトップクラス。これからも先進国として、世界のお手本になっていかなければなりません。迷っている皆さんには、この仕事は楽しいとアピールしたいです!

1日のスケジュール
  • 7:00 【出勤・起床介助】出勤し、制服に着替え、まず行うのが、夜勤スタッフからの申し送り お客様を起こし、着替え、トイレ介助をします
  • 8:00 【朝食・食事前体操】食事の配膳、介助 日によっては口腔状態を良くするための食事前体操を行います
  • 9:00 【服薬】食後の服薬介助を行います
  • 10:00 【口腔ケア】口腔ケアのお声掛けをしたり、必要に応じて介助をします
  • 12:00 【食事準備・介助】食堂にお客様を誘導しお食事の介助をします
  • 13:00 【昼食・服薬】平日の昼食は、約10種のメニューから選んでいただきます
  • 14:00 【口腔ケア】口腔ケアのお声掛けをしたり、必要に応じて介助をします
  • 15:00 【おやつ】おやつの配膳、介助などをします
  • 16:00 【介護記録・退勤】お客様全員分をスタッフで手分けしてその日のご様子を記入します